自己破産による携帯電話(スマホ)への影響

9月 3, 2019 オフ 投稿者: admin

「自己破産したいけど、スマホも持てなくなるのでは?」
「自己破産したら携帯電話も裁判所に没収されるの?」

飲み会や結婚式などのイベントが続き、ちょっとお金が足りなくなったときに借金をしたり、ついついクレジットカードを使いすぎてしまって給料のほとんどを返済にあててしまったときに借金をしたなど、借金のきっかけは人の数だけあります。
ですが「A消費者金融の返済が間に合わないから、B消費者金融からもお金を借りなければ」とお金を返すために借金をどんどん増やしていってしまう人も少なくありません。

「もう自己破産しないとダメかもしれない…」と思ったとき、一番最初に「自己破産をしたらスマホはどうなる?」「自己破産をすると家や車を失うと聞くけど、携帯電話も持てなくなるのでは?」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
自己破産をすると、果たして連絡手段としてとても大切な携帯電話はどうなるのでしょうか。

★自己破産とは?

自己破産とは、車や家など、価値のある財産を売るなどして処分するかわりに、借金をゼロにすることができる手続きです。処分した財産は消費者金融やカード会社などへの借金返済に充てられます。裁判所に「自己破産をしたいです」と申請し、必要な書類などを提出し、裁判所に自己破産をすることを認められれば、借金の支払い義務がなくなります。

借金をゼロにするかわりに、99万円以下の現金と価値が20万円以下の財産以外は手放さなければなりません。しかし、今まで支払い続けていた借金を支払う必要はなくなるため、ゼロから新しいスタートをきることができます。

もちろん、自己破産したら日常生活に必要な物すべてが裁判所に没収されてしまうわけではありません。タンスやベッド、衣服、仏壇、武具などは手元に残すことができます。ただし、20万円以上の価値がある高級ブランド時計やバッグ、衣服などは借金の支払いに充てるために没収される場合があります。

また、パソコンは借金の返済に充てるために没収することはできない「差し押さえ禁止財」となっているため、没収されることはありません。ただし、2台以上パソコンがある場合には片方を没収される可能性が非常に高いです。

もしもあなたが自己破産をすると、今まで使っている携帯電話はどうなってしまうのでしょうか。ここから先は自己破産後にスマホがどうなるかについて解説していきます。

★スマホの機種代を分割払いにしている!自己破産したら機種はどうなる?

おそらく、この記事を読んでくださっている方のほとんどが携帯電話を持っていて、なおかつ分割払いで機種代金を支払っているという方がほとんどだと思います。分割払いで機種代金を払っている場合、スマホは使えなくなってしまうのでしょうか。

・自己破産後は、分割払いをし終えていないスマホは使えなくなる

自己破産をした場合分割払いをしている最中のスマホは使えなくなってしまいます。

もしあなたが自己破産をした場合、回線の利用料や機種代は支払いが免除される費用に含まれるため、スマホの分割払いをしていることを裁判所に申告しなければなりません。

もちろん、自己破産する前から毎月かかる利用料を滞納している場合には強制解約されてしまう可能性が非常に高いため、分割払いで購入した機種を使い続けることは難しくなります。

★スマホの利用料金を滞納すると解約させられるって本当?

スマホの利用料の支払いを約3ヶ月行わなかった場合「この人はクレジットカードやローンで使った分のお金を返済していけるだけの収入や信用があるのか?」といったことを調べる「信用情報機関」というところに「この人はお金を払っていける信用力がありません」と認定され「ブラックリスト」に登録されてしまいます。その結果、クレジットカードでの買い物や分割払いができなくなります。

契約している携帯電話会社にもよりますが、利用料の未払いから約2周間~1ヶ月経過すると利用停止となり、そのまま利用料を支払いをせずにさらに約1ヶ月~2ヶ月経過すると強制退会となります。

★以前と変わらずスマホを使い続けるための条件は?

「以前と同じようにスマホを使いたい」という方も少なくありません。自己破産後もこれまで使っていたスマホを使い続けることはできるのでしょうか。

・名義変更をすると自己破産が認められない場合がある

機種代のを一括払いして購入している場合には、自己破産をする前に名義変更をしても問題ありません。ただし、分割払いで機種を購入している場合に名義変更をすると、携帯電話会社だけがほぼ確実にすべての端末代を回収することができる状態となり、他のカード会社や消費者金融などが不利な状態になってしまいます。そのため、自己破産が認められない「免責不許可事由」にあたる可能性が高いです。

どうしても自己破産前に名義変更をしたい場合には、まずは弁護士や司法書士などの専門家に必ず相談するようにしてください。

★自己破産をしても機種は手元に残るって本当?

「スマホは何万円もするものだから、裁判所に没収されてしまうのではないか」
「分割払いで購入したスマホは携帯電話会社に返さなければならないの?」
などと不安におもっている人も多いのではないでしょうか。日常生活を送るにあたって必要不可欠ともいえる携帯電話が持てなくなると非常に困りますよね。自己破産をすると、スマホも裁判所に没収されてしまうのでしょうか。

・自己破産後にスマホを没収されることはない

スマホで20万円以上の価値がある機種というのはほとんどないため、没収される財産の対象とはなりません。そのため、スマホを裁判所に没収されることはありません。

・自己破産後にスマホを携帯電話会社に返さなければならない?

「自己破産をしたらスマホを携帯電話会社に返さなければならないのでは?」と不安に思った人もいらっしゃるのではないでしょうか。実際に携帯電話会社からスマホの返却を求められることはありません。スマホそのものの契約はほとんどの場合が「購入者に引き渡した時点で所有権は購入者の物となる」という取り決めがなされているため、分割払いで購入した機種の代金が支払えなくなってしまったからといってスマホを返却することにはなりません。

・スマホの分割払いを残したまま自己破産するとスマホが使えなくなる?

購入したスマホの分割払いを残したまま自己破産した場合、他社のSIMカードを使って再び使用したり、売却することはできません。そのため、分割払いを残したまま自己破産をして手元に残った端末の使いみちはほとんどないでしょう。

自己破産をした場合、契約している携帯電話会社にもあなたが自己破産をしたという情報は伝わるため、すぐに利用停止や契約解除となるでしょう。しかし、少ないですが一部の携帯電話会社によっては分割で支払い続けている機種代と毎月の利用料を別々に取り扱ってくれる場合もあります。そのときは、毎月の利用料を支払えば今までと変わらずスマホを使い続けることができる可能性があります。

★自己破産後機種の分割払いはできる?

「自己破産後に機種代を一括で支払うのは不可能」という方もいらっしゃいますよね。そんなときは、自己破産後も機種代を分割払いすることはできるのでしょうか。

・自己破産後は分割払いができない
自己破産後に、新たに携帯電話会社で新規契約をすることができます。ただし、機種を購入する際には一括払いをする必要があります。それではなぜ、自己破産後は分割払いを利用できないのでしょうか。

・自己破産をすると「ブラックリスト」に登録されてしまう

「スマホの利用料金を滞納すると解約させられるって本当?」の部分で少しだけ解説しましたが、自己破産をすると「この人はクレジットカードやローンで使った分のお金を返済していけるだけの収入や信用があるのか?」といったことを調べる「信用情報機関」というところに「この人は分割払いで機種を購入しても、継続して長期間お金を払っていける信用力がありません」と認定され「ブラックリスト」に登録されてしまいます。その結果、クレジットカードでの買い物や分割払いができなくなります。ブラックリストには約5年~10年ほど登録されるため、その期間は新たな借入やクレジットカードの作成や利用ができなくなります。

しかし、スマホの分割払いの審査は、クレジットカードの審査ほど厳しくありません。人によりますが、約3年後には審査がとおり、スマホの分割払いをすることができるようになるケースもあります。ただしこれは、実際に一度審査にかけなければわからないため、どうしても分割払いで機種を買いたい場合には、自己破産をして数年経った頃に一度分割払いができるか審査にかけてみるといいでしょう。

★まとめ

・自己破産をすれば、車や家など価値のある財産を売るなどして処分するかわりに、借金をゼロにすることができる

・自己破産をした場合分、携帯電話は強制解約となるためスマホが使えなくなる

・スマホの利用料の支払いを約3ヶ月行わなかった場合、強制解約させられる

・自己破産前に携帯電話の名義変更をしてそのまま継続して使い続けたい場合には、必ず弁護士や司法書士などの専門家に必ず相談する

・一般的にスマホは20万円以上の価値がある財産ではないため、没収される財産の対象とならない。携帯電話会社からスマホの返却を求められることもない。

・自己破産後は約5年~10年ブラックリストに登録されるため、原則として機種を分割払いで購入することはできない