任意整理の流れと各手続きにかかる期間

9月 3, 2019 オフ 投稿者: admin

「任意整理に必要な手続きの流れは?」
「任意整理をするとどれくらいの期間がかかるの?」

あなたが任意整理を検討していたら、まず、どのような手続きの流れで、どれくらいの期間が必要か気になりますよね。
任意整理は裁判所を通さないため、難しい手続きを必要としないことや、比較的短い期間で完済まで行うことができるというメリットがあります。また、弁護士からカード会社に通知された段階で、取り立てもストップすることができます。
あなたが債務整理をお考えでしたら、実際にかかる手続きの流れと、必要となるおおまかな期間から、ご自分に合った方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

★任意整理をするとこんな手続きの流れになります
弁護士からカード会社へ受任通知(介入通知)が送られた段階で、取り立てをストップすることができます。
任意整理のおおまかな流れを、一緒に見ていきましょう。

・まず弁護士事務所に相談してみましょう
最近はほとんどの弁護士事務所が無料相談を行っています。
あなたを取り巻く状況から、どの債務整理を選択することが最良の方法なのか、専門家である弁護士などに
相談をしてみると良いでしょう。
そして、弁護士事務所との契約が完了して(弁護士事務所へは報酬としての支払いが必要となります)、任意整理をすることが決定となりましたら、次の段階に進みます。

・任意整理の通知により取り立てがストップする!
弁護士からカード会社に受任通知(介入通知)が送られると、カード会社からの取り立てはストップします。
また、カード会社との話し合いが成立するまでは、あなたも借金の支払いを一時的に止めることができるので、この期間にできるだけお金の配分を考えて将来に備えましょう。

・借金を洗い出し利息の計算を見直します
カード会社が開示した取引の履歴をもとに、正確な借金の総額を割り出します。(カード会社によっては、開示までに数ヶ月ほど
要する場合もあります)
はじめに、不当に高金利で貸し付けられていた金利を適正な金利に直して計算し直すことにより、過払い金(払い過ぎた利息)があるかどうかを確認します。もし、週払い金(払い過ぎた利息)があった場合は、カード会社に過払い金の請求を行うことによって、大幅に借金の額を減らすことが可能です。(2007年までにカード会社でお金を借りたことのある人は、過払い金(払い過ぎた利息)が発生している可能性がありますので、10年間の時効前に必ず確認をしてください)
また、過払い金(払い過ぎた利息)が発生したカード会社だけを対象にしますので、債務整理を利用する時に特有の信用情報機関(ブラックリスト)に情報が残るというデメリットも避けることが可能です。

・カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)と和解に向けた交渉を行います
あなたの借金の額や、収入などの生活状況により、弁護士と相談して新たな返済計画を立てます。
返済方法のシミュレーションの結果では、任意整理ではなく、他の債務整理を勧めさせていただくこともあります。
弁護士は、カード会社と返済計画を元に、借金の額、毎月の返済額、返済期間などを交渉します。あなたが交渉に立ち会う必要は一切ありません。
一般的に、将来における利息のカットや、分割の回数を増やしてもらう方向で交渉を行っていきます。カード会社が交渉に応じてくれない場合もありますが、そのような時は、専門家である弁護士が対策方法をアドバイスさせていただきます。

・和解案に基づき借金返済を開始
カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)との交渉がまとまれば、あなたは和解書に沿った返済を開始することになります。
任意整理の場合、完済までには3年~5年程度はかかると思っておいた方が良いでしょう。
ここまで来ると、無理な返済計画を立てていない限り、自分の生活を立て直しながら、落ち着いて借金返済ができる状況になっているでしょう。

★任意整理に必要な書類は?
任意整理の手続きで必要となるものです。不明な点がありましたら弁護士に相談してみましょう。

・身分証明書(運転免許証、保険証など)
・クレジットカード・消費者金融のカード
・収入がわかるもの(確定申告書、源泉徴収票など)
・預金通帳(取引が分かるもの)
・印鑑(シャチハタでないもの)
・住民票(本籍記載のもの)

★任意整理に必要な期間は?
弁護士に依頼してから手続きに要する期間は、最短ですと3ヶ月、一般的にはだいたい3ヶ月~6ヶ月程度とお考えください。
任意整理をすると信用情報機関(ブラックリスト)にも登録されますし、借金返済がはじまるのは、任意整理の交渉が終了した後からです。任意整理を行う以前の状況に戻るには、5年程度は要するということは、覚えておいた方が良いでしょう。

まとめ
・任意整理にかかる期間は、弁護士に依頼してからだいたい3ヶ月~6ヶ月程度
・和解が成立するまでは、カード会社に返済する義務はなし
・全て弁護士が行いますので、あなたは何もする必要はありません!
任意整理の流れと、期間のご説明は、いかがでしたでしょうか。専門家である弁護士でしたら、今の状況を十分に考慮して、あなたに最適な債務整理をご提案できると思います。任意整理を依頼していただいた後は、弁護士が全ての手続きを代理して行います。あなたは通常の生活を送っていただきながら、弁護士からの連絡をお待ちいただくだけでいいのです。