任意整理後にクレジットカードは使える?作れる?

9月 3, 2019 オフ 投稿者: admin

「任意整理をしたらクレジットカードは使えるの?」
「任意整理の後で新しいクレジットカードは作れるの?」

任意整理を考えた時、誰でも、クレジットカードのことは気になるのではないかと思います。
今まで、クレジットカードを複数所持していればなおさらですし、今後も新しくクレジットカードを作れなければ、やはり不便だと感じるかもしれません。
また、新たにローンを組めるかどうかということも、将来設計に関わって来る可能性がありますので、手続きをする前に熟考する必要があります。そこで、任意整理をした時には、クレジットカードの所持にどのような制限があるのか、以下の解説から考えていきましょう。

★任意整理の対象外であればクレジットカードを使用することが可能です
任意整理は裁判所を通さないで行う手続きになりますので、所持しているクレジットカードが未使用であったり、借金が小額である場合は、任意整理の対象外とすることが可能です。よって、それらのクレジットカードを任意整理の対象外ということにすれば、クレジットカードは手放す必要がありません。
ただし、借金が高額である場合は、任意整理の対象外とはならないでしょう。
例えば、A社の借金が300万円あり、B社の借金が5万円であれば、A社の方は任意整理の対象となり、A社のクレジットカードは使用できなくなる可能性があります。このように、任意整理の対象となるクレジットカードは、やがて使用することはできなくなります。
対象外のクレジットカードであれば使用可能というのは任意整理だけの特徴で、個人再生や自己破産に関しては裁判所を通して行う手続きになりますので、借金の対象となっているクレジットカードは全て使用できなくなってしまいます。

★任意整理の対象となっているクレジットカードは使用できなくなります
任意整理は、個人信用情報機関(ブラックリスト)に情報が掲載されます。そのため、あなたの借金や延滞状況などは全て、カード会社は把握していると思ってください。やがて、任意整理の対象となるカードは使用できなくなる時がくるので、覚悟が必要です。

★新しくクレジットカードを作ることはかなり難しい
個人信用情報機関(ブラックリスト)に情報が掲載されるため、新しくクレジットカードを作ることも、かなり難しくなります。
情報が抹消されるまでの5年間は、新しくクレジットカードを作ることや、更新することは、基本的にできないと思っておいた方が良いでしょう。

★クレジットカードがないとどうしても困る!という場合は?
任意整理だけでなく、債務整理を行う場合は、クレジットカードの使用に関してはかなり制限がかかります。
クレジットカードを持てなくなったらこの機会に、キッパリとカードローン地獄から脱出するということが、一番賢明な考え方ではないかと思います。
しかし現実には、長い借金の返済期間中に各種支払いにカードが必要であったり、どうしてもお金が足りなくてカードを使いたいといった場面も出てくるかもしれません。そこで、クレジットカードが使用できない時の救済策として、以下の例を検討してみることも良いかもしれません。
・デビットカードを使う(デビットカード⇒クレジットカードのような後払いではなく口座に現金が無ければ使用できないカード)
・家族カードを持つ
・審査のゆるいカード会社のカードを作る(稀に審査が通る例もあります)
これらの方法で効果がない場合は、5年間ひたすら待つしかありません。(任意整理の情報機関への掲載は5年。そのため5年経過すれば自動的に情報は抹消されます。)

まとめ
・債務整理全般に言えることですが、クレジットカードの使用はかなり厳しくなる
・一般的にクレジットカードの新規作成や更新、またはローンはムリ

クレジットカードは便利な点もありますが、ついつい気楽に借りすぎてしまい、気付いたら雪だるま式にローンが増えていたということはとても多いのです。そのため、安易にクレジットカードの使用をお薦めることはしたくありません。
借金を返済しつつ生活も立て直していくために、クレジットカードは計画的に使用しましょう。しかし、1人では判断が難しい場合は、専門家である弁護士の知恵と経験が、あなたのお役に立てることでしょう。